Contents
〒689-3541
鳥取県米子市二本木501-2
TEL:0859-27-9102
FAX:0859-27-9103
E-Mail:
craft@craft-yonago.com

  TADA-Counter


トップページ > スタッフ日記 > スタッフ日記 (2017年4月)

スタッフ日記 (2017年4月)

ミニキャブミッション故障

こんにちは藤井です。
ゴールデンウィークも近くなりました。
久々にグレートな壊れ方をした、三菱ミニキャブが入庫しましたのでお伝えします。





ちらっと写っている彼は2月に入社した新人の石橋君です。
趣味は、車、ドライブ、写真、カメラ、ルアーフィッシング他です。
来店の際は、いろいろ突っ込んで話してあげて下さい。
元気一杯頑張っていますので宜しくお願い致します。


クラッチはバラバラになっていました、プレッシャープレートもかなりの熱が
入ったようで割れていました。
いったい何が起こっていたのでしょうか?
ミッションも違和感があるのでバラしてみることにしました。




思わず ギャー(ギヤ)



分解してみたところ3速のギヤが物の見事に欠けて無くなっていました。
オーナーさんどんな乗り方をさせたのでしょう????
ミッション中古載せ替えで対応しました。
以上、藤井でした。
ゴールデンウィーク交通安全に気を付けてください。

当社クラフトは国の認証と国の指定分解整備工場です。

こんにちは藤井です。

4月になりました。桜の開花もあちこちで聞かれ始めましたね。

さて、先日の地元紙(日本海新聞)に未認証工場の記事が載っていました。
とても恐ろしいことです。
そもそも、車検が安くなればそれでよいと言う安易な考え方が良くないと思います。
万が一の時、何の保証もありません。


【記事の内容はこちら!】
違法整備が県内で横行 未認証の自動車店
国の認証を受けていない自動車店などで車を整備する違法行為が鳥取県内で横行している。
未認証の実数は把握されていないが、200カ所以上と推測される。
違法に整備された車は重大事故につながりかねないとして、関係機関は警戒を強めている。

敷地面積や防火対策など基準をクリアし、国の認証を受けた自動車整備工場
認証を受けた自動車店や工場にある看板

道路運送車両法では、エンジンの積み下ろしやブレーキ部品の交換などで
分解を伴う車体整備の場合、認証を受けた業者で実施すると定めている。
国土交通省によると、認証を受けるには整備士の配置や設備、工場の面積などで
一定の基準を満たす必要がある。違反すれば50万円以下の罰金が科せられる。

■甘い認識
人材を確保できない、設備投資の資金がない-。自動車店からはそんな苦悩が漏れる。
未認証の多くが小規模工場だ。中には車庫や駐車場の一画、道端などで違法に
整備する例や町工場と兼業している店舗もある。

簡単に整備できるという認識の甘い事業者も目立つ。
「もともとは板金屋や中古車販売店だが、顧客から頼まれて整備までやってしまう
ケースが多い」。鳥取市内の自動車整備会社の社長は未認証の実態をそう話す。
認証工場は監督官庁が定める整備基準に沿って作業を進める。
中国運輸局鳥取運輸支局によると、未認証の業者は整備の手順や作業が適正か
どうかも不透明という。



という内容でした。

当社クラフトは安心の国の認証と国の指定分解整備工場です。

もちろん整備保障にも加入しておりますのでご安心ください。